独立起業の成功率と必ず成功する例や方法

 

中西です。

 

いつもお読みくださり

ありがとうございます。

 

この記事を読んでくださっている方には

「脱サラ起業して成功するぞ!」

「大学生から起業して自分の力で稼ぐんだ!」

という熱い想いを持っている方もいるでしょう。

 

僕も、20代で独立起業できましたが

異なった方法を選んでいたら

現在の成功に至ったかは大いに疑問です。

 

 

 

 

起業は難しい!?成功率から見てみる

 

一説によると

起業の一年以内に半数以上が脱落すると

言われています。

 

つまり、一年以内での

成功率は50%以下です。

 

これが10年になると

一割以下のみが生き残るとい統計に

なっています。

 

これは、企業生存率であり

必ずしも、どの程度の規模を対象にしているかは

不明ですが

いずれにしても、起業して

生き残るというのは僅かな人であるという

事がわかります。

 

起業で失敗する理由

 

では、なぜこれほどまでに

起業で失敗してしまうのでしょうか?

 

答えは、シンプルに言ってしまえば

一般的なビジネスの場合

ビジネスを維持するのにお金がかかる

という事です。

 

固定費という言葉で言い換えても

良いかもしれません。

 

例えば、

仕入れの費用、人件費、家賃など…

 

家計に置期置き換えてみると

わかりやすと思います。

 

仮に、収入が100万円ある人が

毎月の生活に70万円を

かけていたとしましょう。

 

この場合、収入が毎月100万円入ってくれば

利益は30万円がはいってきますが

収入が減って50万円になった場合は

毎月20万円の赤字になっていくわけです。

 

起業も同じで、上手くいっている

時は良いですが上手く行かない時には

固定費が重くのしかかってきます。

 

また、一番大きいのは在庫を抱える

ビジネスです。

 

この場合、売れなくなったものは

在庫となりますので

売れない場合は、

起業の存続を大きく左右します。

 

必ず成功する起業方法

 

ここまで、読まれて

「起業は難しい」と思われたかもしれませんが

個人的には「必ず成功する起業」が

あると思います。

 

それは、上記に書いた

ビジネスの真逆を行えば良いという事。

 

つまり、

固定費もなく

在庫も抱えない

粗利率も高い

 

などです。

 

そんなビジネスがるのかと

思われるかもしれませんが

むしろ、現在のビジネスで大成功している

ものはむしろこの21世紀型のビジネスです。

 

例えば、

デジタルコンテンツを売る

というのも21世紀型のビジネスの

1つです。

 

デジタルコンテンツであれば

1個売れても1000個売れても

仕入れは1つです。

 

また、粗利も100%利益です。

 

そして、集客にネットを使えば

事務所もいらないし

従業員を雇う必要もありません。

 

これは、1つの例ですが

21世紀型のビジネスとして相応しいのは

このパターンです。

 

また、個人が起業初心者から始めるのには

リスクも低くとても理に叶っているわけです。

 

また、僕のやっている

ネットビジネスやアフィリエイトも

21世紀型のビジネスと言えるでしょう

 

情報を提供するだけなので

 

固定費もなく

在庫も抱えない

粗利率も高い

 

のです。

 

以上、

「独立起業の成功率を飛躍的に高め必ず成功する例や方法は?」

について中西が解説しました。

 

起業について無料で学べて

しかも、一万円が貰える方法とは?

↓ ↓ ↓

加藤将太リップルor現金で1万円とセミナー動画 

 

ネットビジネス(Youtubeで稼ぐ)方法ならコレ

まず、初心者にはコレ

詳しいレビューはコチラ

問い合わせや相談に関しては

遠慮なくコチラからして下さいね^^

お気軽に問い合わせ下さい。

↓ ↓ ↓

問い合わせ先

完全無料の真面目なYoutube講座

Youtbeで稼ぐノウハウもプレゼント中です^^

↓ ↓ ↓