中西です。

 

本日も無料オファーのレビューを

していきます。

 

今回は、

小野里はじめ氏の(マジックティックトッカー)

です。

 

「TIKTOKで稼ぐ方法」

確かにあったようでなかった方法です。

 

だからといって

中身の優劣は別問題です。

 

では、早速ですが

書いていきましょう。

 

 

引用:http://magic-tt.club/lp-s2/

 

TIKTOKで稼ぐ方法とマジックティックトッカー

 

まず、小野里はじめ氏の(マジックティックトッカー)

について解説する前に

 

「TIKTOKとは何か?」

という事から始めていきます。

 

TIKTOKをネットで調べると

 

中国のIT企業・バイトダンス・テクノロジー株式会社が運営する

短編動画共有アプリケーション。15秒の動画を撮影・編集して投稿し、

他のユーザーと共有することができる。

 

2016年に提供が開始され、

17年に日本版がリリースされた。

 

18年には、同社が買収した中国のミュージカリー株式会社が

提供する短編動画共有コミュニティサイト「musical.ly」と

同アプリを統合し、「TikTok」の名称で新たにサービスを開始。

 

提供エリアもアジア、中南米、北米、欧州、中東、アフリカの

全地域へと拡大され、ユーザー数を伸ばしている。

 

日本では中高生を中心に人気を集めており、

企業がプロモーションに利用する動きも広がりつつある。

https://kotobank.jp/word/TikTok-1999739#E7.9F.A5.E6.81.B5.E8.94.B5mini

 

とあります。

 

要は、15秒間という間に

音楽に合わせてダンスしたり

オリジナル動画を投稿する動画アプリです。

 

まあ、実際のものを見て貰った方が早いかもです。

こういうものですね。

↓↓↓

 


10代を中心とした

若い層に支持を得ている動画コミュニティです。

 

TIKTOKは稼げるのか?

 

ちなみに、僕が調べた限りだと

このTIKTOKは収益化はできません。

 

例えば、ブログやYOUTUBEのように

現状でアドセンス広告で収益化という事も

できないようです。

 

もしかしたら

今後、有名なマジックティックトッカーには

インスタグラムみたいにスポンサーがつくかもしれませんが

現状ではどういう事例もないんですね。

 

小野里はじめ(マジックティックトッカー)とは?

 

で、いよいよ本題の小野里はじめ氏の

(マジックティックトッカー)ですが

動画も見てみましたが

この辺りの疑問に対する答えはなかったです(^-^;

↓↓↓

 

 

とりあえず、

「TIKTOKは最新で先行利権が存在する!」という話だけで

「じゃあ、どうやってお金を得るの?」

という肝心な部分がないわけです。

 

個人的には、

ここが一番重要だと思っているので

ここか考えると全然納得できないですね…(^-^;

 

マジックティックトッカーのまとめ

 

最後に

マジックティックトッカーですが

「月100万円以上稼げます。」というキャッチコピーがある割には

肝心な部分が抜けているという印象です。

 

まあ、TIKTOKが流行っているのは

間違いありませんし

この手のSNSとかアプリとかは

先行で参入した人に利益があるというのも事実。

 

ただ、流行り廃りも多いし

そもそもどうやってお金になるかもわからない

という時点で、簡単に信じてはいけないと思いますね(^-^;

 

以上、中西でした。

 

 

あ、そうそう最近はこの辺りから

「成果がでました!」という声が多いです。

↓↓↓

 

今から動画を収益化して稼ぐ方法

 

ブログで一番堅実に稼ぐ方法

 

インスタグラムで稼ぐ方法

問い合わせや相談に関しては

遠慮なくコチラからして下さいね^^

お気軽に問い合わせ下さい。

↓ ↓ ↓

問い合わせ先

完全無料の真面目な講座

ネット稼ぐノウハウも期間プレゼント&配信中です^^

↓ ↓ ↓